目的を知って手作りフェンス

calendar

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

new posts

目的を知って手作りフェンス

» read

目隠しフェンスの設置する目的

皆さんは、ご自宅に目隠しフェンスを設置する場合どのようなフェンスを設置しますか?目隠しフェンスは普通のフェンスとは違い、視線を遮る目的で作られた背の高いフェンスのことなのですが、最近、この目隠しフェンスを設置したいと言う方が増えてきているのです。では、目隠しフェンスを設置される方はどのような時に設置しているのでしょうか?今回は目隠しフェンスを設置する目的とコツについて書いていきたいと思います。
まず、一番多い目的として道路からの目隠しが挙げられます。自分のリビングや玄関が道路から丸見えなのを防ぐために設置される方が多いのです。次に多いのが、庭の目隠しです。これは道路からの目隠しに合わせて隣の家などからも見えないようにするために設置する場合が多いです。
3つ目は、お風呂場の目隠しです。やはりお風呂が外から丸見えというのは嫌ですよね。普通のお風呂がすりガラスなどで外から中が見えないように作られているのですが、庭を見ながらお風呂に入りたいという場合などは設置する場合があります。最後は、裏庭の目隠しです。裏庭には駐車場やゴミ置き場など生活感のあるものがある場合が多いですが庭から見えてしまいのせっかくの雰囲気が壊れないようにするために設置する方が多いです。

DIYで目隠しフェンスを作る

最近は、道路や隣の家から視線を遮るために目隠しフェンスを設置する方が増えてきました。確かに、自分のリビングや庭が道路から丸見えではゆっくりくつろぐことも出来ず、なんだか嫌ですよね。しかし、目隠しフェンスを設置しようと思っても1枚1万円以上もするため、何枚も設置するのは家計的にも少々きついと思っている方もいるかもしれません。そんな方におすすめするのが、DIYで目隠しフェンスを作ってしまおうというものです。
DIYをしたことが無いという方は少し不安かもしれませんが、目隠しフェンスは意外と簡単に作ることが出来るので、初心者の方でも大丈夫です。目隠しフェンスはそのまま単体で設置するものと、ブッロク塀などの土台の上に設置するタイプの2つのタイプがあるのですが家に既にブロック塀があるところも多いでしょうから、初めて場合は土台ありのタイプを作った方が良いと思います。
そして作成方法ですが、ブロック塀にフェンスの支柱を刺す穴が開いているでしょうからそこに一定間隔で支柱を刺しセメントで固めます。それが終われば後は横向きに板を支柱に打ち付けていくだけで完成です。このように、目隠しフェンスはDIYでも簡単に作ることが出来るのでオススメです。

menu

2017年08月07日
知識と方法を専門家に相談を更新しました。
2017年08月07日
理想的な庭をクリエイトを更新しました。
2017年08月07日
目的を知って手作りフェンスを更新しました。
2017年08月07日
豊富な種類と用途を更新しました。

Copyright(C)2017 安心の目隠しフェンスを上手に選んで購入する方法 All Rights Reserved.