豊富な種類と用途

calendar

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

new posts

目的を知って手作りフェンス

» read

目隠しフェンスとは

皆さんのお家には目隠しフェンスはございますか?目隠しフェンスというのは、普通に使われているフェンスとは違い外からの視線を遮る目的で建てられる背の高いフェンスのことです。普通のフェンス工事の場合、フェンスの高さはせいぜい1mくらいのものであり、仕切りとしての役割は果たすことが出来ますが、視線を遮るということは出来ません。
しかし、目隠しフェンスの場合、全体の高さを1.8m以上のものにする場合が多く、独立して1.8m以上のフェンスを設置する場合もあればもともとあるブロック塀などの上に増設する場合もあります。
目隠しフェンスは自分の敷地内に建てるものですから、フェンスの高さはいくらでも高くすることが出来るのですがあまり高いフェンスを設置すると地震や台風などが起きた場合に倒れてくる危険性があるので実際は高くても2m前後のフェンスになることが多いです。
目隠しフェンスの値段は幅広く、1枚1万円?10万円まで様々な種類のものが存在するので、フェンスの数や大きさなど、お庭に合ったデザインに応じても自分に最適なフェンスを購入することが出来ます。皆さんもお庭に目隠しフェンスを建てるときは参考にして見て下さい。

目隠しフェンスの種類や使い方

目隠しフェンスは、家の敷地内を隠したり防犯上の目的だけでなく、外観をおしゃれにデザインする利用目的もあります。目隠しフェンスに使用される材質には、アルミや樹脂、木、スチールなどがあり場所や用途に合わせて使われています。庭をおしゃれな空間にしたい時、透明感のある目隠しフェンスが使われる事があり、材質にはポリカーボネートを使ってフェンスに組み合わせたタイプがあります。
ラティスには、樹脂製や木製があり自然な雰囲気を出したり、風通しを良くしたい場合などに向いていて、目隠しを目的にするには他のタイプがおすすめです。植物が好きで、花壇や植木などが多い庭には、つるを張らせるアルミ製のフェンスを使うケースもあり、ツルが張り切ると目隠しとしての効果も充分あります。家や庭の造りが和風の場合には、目隠しフェンスも和風にするとおしゃれになり、材質に竹や樹脂を使用して竹調にしたフェンスなどもあります。
目隠しフェンスを設置する時は、高さや風通し、光の入りなども考慮する必要があり、目隠し部分を人の目の高さにするなど工夫もポイントです。家の外観や庭の雰囲気に合わせる事も大切なので、種類や設置の仕方、予算などを踏まえて目隠しフェンスの設置を検討するのがポイントです。

menu

2017年08月07日
知識と方法を専門家に相談を更新しました。
2017年08月07日
理想的な庭をクリエイトを更新しました。
2017年08月07日
目的を知って手作りフェンスを更新しました。
2017年08月07日
豊富な種類と用途を更新しました。

Copyright(C)2017 安心の目隠しフェンスを上手に選んで購入する方法 All Rights Reserved.