知識と方法を専門家に相談

calendar

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

new posts

目的を知って手作りフェンス

» read

目隠しフェンスの取り付けを考えている人へ

一戸建てを構えて、家族との団欒を楽しんでいる方がいらっしゃると思います。しかし、お子さんが居られるご家庭では何かと心配の種って尽きませんよね。もしかしたら、家をじろじろと見てくる人なんかがいて困ってるというご家庭もあるかもしれません。そんな方々のために、外からの視線をシャットアウトする目隠しフェンスをご紹介します。目隠しフェンスは、その名前の通り、自宅の敷地内を外から見えにくくするためのフェンスです。
1.5m~1.8m以上のものまで幅広いフェンスが販売されていて、その素材にもいくつか種類があり、どれも中が見えにくいように工夫されています。用途はもちろん防犯対策で、自宅の環境によってフェンスの設置を考える必要があります。何を見られたくないのか、どの程度見えなければいいのかなど、目的に沿った設置が効果的です。
玄関が見られたくないという人は玄関に設置できますし、お庭の様子を見られたくないのならお庭を囲むこともできます。しかし、自宅にばかり目を向けるのではなく、隣近所に迷惑が掛からないよう心がけて設置するのがマナーです。まるで遮断するように見えにくく高いフェンスを設置すれば、隣の人は圧迫感を覚えるかもしれません。そういった場合は、迷惑にならないような妥協できるラインを探して設置しましょう。

専門の業者さんに相談

周囲の家や道からの視線が気になる…という場合、目隠しフェンスの設置を検討する人は多いと思います。目隠しフェンスを設置する場合に気をつけたいのは、単純に外から中が見えなく(見えづらく)なれば良い…というわけではないということ。目隠しフェンスを付けるということは、外観が大きく変わってしまうということ。特にフェンスと住宅の雰囲気が違うものを付けてしまったりすると、デザイン性が大きく損なわれてしまいます。
例えば和風の家には竹垣の目隠しフェンス、洋風の家にはラティスフェンス、モダンな家にはアルミのフェンス…などのように、住宅(建物)との調和を調和を考えて造ると、家全体のオシャレ度もアップしますね。また、出来るだけ外から見えないようにしたい!と庭をぐるっと高い目隠しフェンスで囲ってしまうと圧迫感が出てしまいます。リビングの大きい窓があるところや庭だけを隠す、もしくは多少スキマがあるものを選ぶなど、圧迫感が出すぎないように工夫することも、ご近所さんに与える印象としては重要です。
また、植木なども上手に使うことで柔らかい雰囲気を出すこともできます。どうしても難しい、どうすればいいのかよくわからない…という場合は、専門の業者さんに相談して色々と施工例を見せてもらうと良いですよ。

menu

2017年08月07日
知識と方法を専門家に相談を更新しました。
2017年08月07日
理想的な庭をクリエイトを更新しました。
2017年08月07日
目的を知って手作りフェンスを更新しました。
2017年08月07日
豊富な種類と用途を更新しました。

Copyright(C)2017 安心の目隠しフェンスを上手に選んで購入する方法 All Rights Reserved.