理想的な庭をクリエイト

calendar

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

new posts

目的を知って手作りフェンス

» read

自分たちのプライベート空間

目隠しフェンスとは、家の外から中を覗き込まれないように住宅を囲むように設置するフェンスのことです。玄関やリビング、庭などに設置することで中の様子を見られなくないというのは、大きなメリットですよね。特に昨今では凶悪な犯罪が多発しており、周囲を囲いたいという方も多いはずです。目隠しフェンスには多くの種類があります。例えばアルミ材を用いたものや、木製や木製に見せた塗装のフェンス、目隠し用の塀を作るがっちりしたタイプ、さらには木を生やした生垣などのものなどがあります。
しかし種類が多いとどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね?目隠しフェンスを選ぶ際は、設置する場所や自宅・周囲の景観に合わせましょう。例えば玄関前に設置する際はがっちりした塀を作るタイプのものが合いますし、庭に設置する際は圧迫感を与えないようにアルミ材や木製塗装などのフェンスを利用するのが良いでしょう。
住宅の立地や構造によって最適な目隠しフェンスの選び方は変わってきますので、設置を考えている方は1度業者の方に連絡し、相談してみるのがいいかもしれませんね。自宅にいるのに周囲の人間の視線を気にしなければならないというのは、非常にストレスが大きいものです。しっかりと目隠しフェンスで視線をブロックし、自分たちのプライベート空間を確保しましょう。

違和感のない素材やデザイン

隣の家や、家の前の道路など、外からの視線は気になるものです。それを遮ってくれるのが、目隠しフェンスです。素材は、一般的なアルミ製のもの、木製のもの、日本家屋にぴったりの和風竹垣風のものなど、いろいろあります。また、同じ素材のものであっても、縦格子のもの、横格子のもの、格子の幅が広いものや狭いもの、デザインは様々で、それによって機能も変わってきます。
たとえば風通しや採光より目隠しを優先したいのであれば、格子の幅が狭いものを選ぶのが良いですし、逆であれば、幅が広いものを選ぶのが良いでしょう。最近は、風通しと採光もでき、目隠しもできる、ルーバー式のものもあります。また、小さいお子さんのいる家庭の場合、横格子のフェンスは、手足をかけてお子さんが登りやすく、危険です。その場合は、縦格子がお勧めです。
メーカーによっては、ショールームに様々な目隠しフェンスを展示しているところもありますので、目隠しフェンスの高さや格子の幅、素材や機能、自宅の外観に合うかなど、実物を見比べて検討することができます。目隠しフェンスは、外からの視線を遮るだけでなく、家の外観の一部となります。自宅や庭をより素敵に見せるためにも、家の中や外から見た時に、違和感のない素材やデザインのものを選びましょう。

menu

2017年08月07日
知識と方法を専門家に相談を更新しました。
2017年08月07日
理想的な庭をクリエイトを更新しました。
2017年08月07日
目的を知って手作りフェンスを更新しました。
2017年08月07日
豊富な種類と用途を更新しました。

Copyright(C)2017 安心の目隠しフェンスを上手に選んで購入する方法 All Rights Reserved.